ASRockからH97採用のゲーミングマザー「Fatal1ty H97 Killer」発売

Fatal1ty H97 Killer

ASRockから2014年5月11日発売のIntel H97採用M.2スロット搭載のFatal1ty ゲーミング シリーズATXマザーボード「 Fatal1ty H97 Killer 」が販売開始です。販売開始価格は16,000円前後。

Fatal1ty H97 Killerは、Intel第4世代Coreプロセッサ”Haswell Refresh”をサポートしたIntel H97採用のマザーボードです。 ASRockのゲーミンブランド「Fatal1tyシリーズ」に属したモデルです。

「M.2」スロット・SATA Expressコネクタ搭載

最大10Gb/sの転送速度と言われる次世代の小型インターフェース「M.2」と同じく高速インターフェイスのSATA Expressを搭載。 「M.2」スロットとSATA Expressコネクタは排他利用ですので同時使用はできません。 また「M.2」スロットはASRock独自の技術「Ultra M.2」には対応していません。「Ultra M.2」はPCI-express 3.0を使ったx4接続となることからGPUがx8接続となるからです。

高機能ゲーミングオーディオ、ネットーワーク

LANチップには「Killer E2200」を搭載。トラフィックによって優先順位をつけることでスムーズなネットワーク環境を最適化する。 ゲーミングデバイス用のPS/2・USBポートを装備しマウスのレスポンスをあげてスムーズなゲームプレイを実現。 8 CH HDオーディオ「Purity Sound 2」はALC1150オーディオコーデック、ニチコン高品質オーディオコンデンサ、EMIシールドカバー、NE5532プレミアムヘッドセットアンプなど高いオーディオソリューションを実現しています。

M.2ストレージは30mm、42 mm、60 mm、80 mm、110mm

メモリはDDR3 1600メモリ4スロットを搭載し、最大32GBのメモリを積むことができます。XMP 1.3をサポート ストレージはSATA 6GB/sを6ポート、排他利用で M.2 ソケット/SATA Expressを搭載しています。 M.2ストレージは30mm、42 mm、60 mm、80 mm、110mmバージョンに対応。 USB3.0は6ポート、USB2.0は8ポート利用可能。

様々なゲーミング環境でも高い耐久性

拡張スロットはPCI-Express3.0x16×1基、PCI-Express2.0x16×1基、PCI-Express 2.0(x1)×1基、PCI×2です。AMD 2-Way CrossFireに対応。 ハイエンドゲーマーの構成から、シングルGPUのライトなゲーミング構成まで幅広く対応します。 どちらの構成でも高い耐久性を実現する「Super Alloy Technology」に準拠、アルミニウム合金ヒートシンクや電力供給を安定させるプレミアム合金チョークコイル・12Kプラチナコンデンサなどを採用しています。 故障の原因となる湿度、静電気、電磁波などから回路を守る「FULL SPIKE PROTECTION」を初めて採用。耐久性を高めています。

Fatal1ty H97 Killerはゲーマー向けマザーボードなので機能としては全てに高性能です。 Z97搭載マザーボードとH97マザーボードの違いは主にオーバークロックが出来ないことですのでCPUをオーバークロックしたいユーザーには向きません。

画像引用AsRock

ベンチマーク・レビュー

ベンチマークはありません。



タグ:Intel H97 ASRock
マザーボードの最 新 記 事
posted by さすけ at 23:03 | TrackBack(0) | マザーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。