[COMPUTEX 2014]Intelは「Core i7 4790K」と「Core i5 4690K」を正式発表。※追記:空冷で5.5Ghzをデモ

intel

COMPUTEX 2014にてIntelは倍率ロック解除モデルのいわゆる”Devils Canyon”といわれる「k」付きのモデルの「Core i7 4790K」と「Core i5 4690K」を正式に発表しました。

”Devils Canyon”は6月発売

”Devils Canyon”である「Core i7 4790K」と「Core i5 4690K」のスペックはこれまでリークされた内容とそれほど変わらないが改めてまとめてみました。 またTUKUMOでは早くも予約を受け付けています。価格はCore i7-4790Kが36,780円(税別)、Core i5-4690Kが25,480円(税別)、Pentium G3258が7,580円(税別)となっています。 以前は発売が9月にずれ込むのではという話もありましたが6月に発売となるようです。(7月という話もあり未だ流動的)

Core i7 4790K

Core i7 4790Kは”Devils Canyon”の最上位モデル。Core i7-4790はCore i7-4770からコアクロックを100GHzアップさせた3.60GHzのCPUでしたが、Core i7 4790Kはコアクロック4.00GHzと大台に載せている。 Turbo Boost時のクロックも 4.40GHzと大幅に向上しています。 対応ソケットはLGA1150でコア数は4スレッドは8となります。内蔵GPUはHD graphics 4600と変わらず、TDPは88WとCore i7-4790より4W増加に抑えられています。 キャッシュは8MB、対応メモリはDDR3-1600まで。

Core i5 4690K

Core i5 4690Kは”Devils Canyon”のCore i5モデル。こちらはCore i7 4790Kと違い”Haswell Refresh”CPUのCore i5 4690と同じコアクロックは3.50GHz、Turbo Boost時のクロックも 3.90GHzと同じです。 対応ソケットはLGA1150でコア数は4スレッドは4となります。内蔵GPUはHD graphics 4600と変わらず、TDPは88WとCore i7-4790Kと同様に4W増加に抑えられています。 キャッシュは6MB、対応メモリはDDR3-1600まで。

基本は9シリーズのみサポート

「Core i7 4790K」と「Core i5 4690K」をサポートするマザーボードはZ97とH97マザーボードです。 ただしZ87マザーボードでもBIOSのアップデートで対応するようで、ASUSはBIOS更新で一部のマザーボードで使用できるようなるようです。 対応は各メーカーによって分れるようで使用マザーメーカーの対応に注目していこう。 9シリーズマザーボードにはM.2ソケットやSATA-Expressとか新しい要素もあるので同時に買い替えるのもありかと思います。

関連リンク

空冷で5.5Ghzをデモ

追記:2014/06/05 その後IntelのTwitterで空冷仕様のオーバークロックでコアクロック5.5Ghzをデモしたようです
CPUニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 10:48 | TrackBack(0) | CPUニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。