[COMPUTEX 2014]Intelは次期coreプロセッサ”Broadwell”のモバイル向けプロセッサ「Core M」を発表

Core M

COMPUTEX 2014にてIntelは次期coreプロセッサ”Broadwell”のモバイル向けプロセッサを「Core M」として発表しました。

TDP10W未満でファンレスでさらに軽く、薄く

「Core M」はBroadwell-Mと呼ばれるモバイル向けプロセッサの集合群の一部で、ノートPCやタブレットへの搭載がメインとなります。 ”Broadwell”は省電力設計が特徴の一つで、今回の「Core M」もTDP10W未満でファンレスとなることで搭載するデバイスの更なる薄型化が可能になります。 実際に公開されたリファレンスデザインの2-in-1デバイスは薄さ7.2mm、重量が680gと見た目にもかなり薄いと思えるほどのスペック。 先日発表されたSurface Pro 3が薄さ9.1mm、重量800gです。

2014年末発売

前日にASUSから発表されたTransformer Book T300 ChiもCore M搭載モデルという事です。 2014年末にはCore M搭載モデルが発売されるようですが、今後も各メーカーから登場しそうです。

今回の「Core M」は2-in-1デバイス、ノートPC、タブレット市場に向けてのIntelの本気が見えますね。

画像引用:intel

関連リンク

CPUニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 13:42 | TrackBack(0) | CPUニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398767571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。