最大18コアでDDR4メモリサポートのXeon E5-2600 v3シリーズ発売。ツクモからワークステーションモデルも

Xeon E5-2600 v3

Intelからサーバー/ワークステーション向けCPUである”Haswell-EP”Xeon E5-2600 v3シリーズが発売されました。 Xeon E5-2600 v2シリーズの後継モデルで、新たにHaswell-EPコアを採用しています。

大きな特徴は先日発表された”Haswell-E”と同様にDDR4メモリをサポートしたこと。クアッドチャネル対応のDDR4-2133MHzまでサポートします。 これにより大幅な電力削減に貢献しています。 ソケットはLGA2011v3を採用し、X99マザーボードの中にもサポートしているメーカーもあります。 コア数はXeon E5-2699 v3が18コア36スレッドとなります。

インテル Xeon プロセッサー E5 ファミリー

Xeon E5-2600 v3シリーズの紹介

新しいXeon E5-2600 v3シリーズについては詳しい解説記事をご覧ください。

Intel、最大18コアのHaswell-EPこと「Xeon E5-2600 v3」 〜DDR4メモリに対応し、Turbo Boostや仮想化機能を改善/強化 - PC Watch
Xeon E5-2600 v3は、データセンター向けサーバー市場の中核を占める2ソケット向けのCPUで、従来製品となるXeon E5-2600 v2(開発コードネーム:Ivy Bridge-EP)と比較して、CPUコアが最大12から18へ、メモリがDDR3-1866からDDR4-2133へと進化したほか、 新しく256bit幅の整数演算が可能になるAVX2の命令セットに対応するなど大きく進化している。
また、IAサーバーの強みである仮想化環境での性能向上が実現されている。
Intel、最大18コアの"Haswell-EP"こと「Xeon E5-2600 v3」ファミリを発表 | マイナビニュース
Core iプロセッサとは異なるのは管理機能(Photo11,12)や仮想化機能(Photo13)である。
CPUとは別にIntel Node Managerを使って動作状態を常時監視したり、(これは後で出てくるが)キャッシュの利用状態をタスク単位で監視して、キャッシュの割り当て方を調節するといった事が可能となっている。
またHaswell-EPでは、仮想環境を2段にネストすることが可能であり、運用の柔軟性が図れるとしている。

秋葉原では販売がスタート

Xeon 搭載のワークステーション向けハイエンドモデル

ツクモからIntel Xeon E5シリーズとDDR4メモリを搭載するワークステーション向けBTOが発売されました。

eX.computerワークステーションモデルは、ワークステーション向けCPU インテル Xeonプロセッサーを搭載した高性能PCです。
CPUは、多くのコア数をサポートしたメニーコア仕様で、最大18コア/36スレッド(E5-2699V3の場合)をサポート、メモリも大容量かつ高速なDDR4メモリーを採用していますので、科学計算・シミュレーション・CAD・CG・動画処理などの各種工業分野での用途に最適です。
BTOモデルなのでお客様の用途にあわせたスペックにカスタマイズ可能です。

最上位のE5-2699v3搭載モデルは約90万円。ほぅ
どんな感じか試してみたい

各メーカーからサーバーも発売

富士通、最新Xeon E5-2600v3を搭載したサーバー、性能約40%向上 - クラウド Watch
富士通株式会社は9日、最新のXeon E5-2600v3製品ファミリーを搭載した2Way・2Uサーバー「PRIMERGY RX2540 M1」を発売した。価格は57万5000円(税別)。9月下旬より出荷する。
デル、最新Xeon E5を搭載した13世代目のx86サーバー〜管理機能や性能を向上 - クラウド Watch
デル株式会社は9日、第13世代となるx86サーバー製品群4製品を発表した。ラック型の「Dell PowerEdge R730xd」「同 R730」「同 R630」と、タワー型の「Dell PowerEdge T630」で、いずれも2ソケットタイプ。
最新のサーバー向けCPUである「Xeon E5-2600 v3シリーズ」を搭載し、性能や管理性などが強化されている。

電力効率が高く、性能もアップと本来はこちらがメインの製品。クラウドで需要のあるデータセンターの効率化がにintelはさらに力入れるみたい。

CPUニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 14:56 | TrackBack(0) | CPUニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405125170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。