高性能と低消費電力を両立した第2世代”Maxwell”「GeForce GTX 980/970」を発表

GeForce GTX 980

NVIDIAは第2世代”Maxwell”のGM204コアベースとなる「GeForce GTX 980」と「GeForce GTX 970」を発表した。 製造プロセスこそ28nmだが高い性能と低い消費電力を実現したハイエンドGPUです。4Kへの対応としてHDMI2.0をサポートしたことも特徴です。

ワットパフォーマンスに注力

西川善司の3DGE:第2世代Maxwellベースの「GeForce GTX 980&970」発表。そのアーキテクチャに迫る - 4Gamer.net
実のところGTX 980(とGTX 970)は,Maxwellアーキテクチャの利点を活かし,性能対消費電力比(Performance per Watts)の向上を目指した製品であり,GK110ベースのGeForce GTX 700&TITANシリーズではなく, GK104ベースのGeForce GTX 600シリーズもしくはそれ以前の製品を使っている人へ向けたGPUなのである。

第2世代”Maxwell”のGM204コアについては↑の記事で詳しく解説されているのでご覧ください。

絶対的な性能というよりも6ピン×2、TDP165Wで最高の性能を見せてくれた製品となりそうです。

発売解禁は大人の事情で16時01分

GeForce GTX 980とGeForce GTX 970の発売解禁は大人の事情で16時01分となります。

ベンチマーク・レビュー

「GeForce GTX 980&970」レビュー。極めて高い電力効率が謳われる第2世代Maxwellの第1弾は「看板に偽りなし」 - 4Gamer.net
GK110ベースのGeForce GTX 700&TITANシリーズを持っている人が買い換えるには,さすがに性能向上率が低すぎる。しかし,それ以外の人にとっては,大きな消費電力という“対価”を払うことなく高い性能を実現できるGPUとして,広く勧められる存在だ。
【レビュー】Maxwell世代のハイエンド「GeForce GTX 980」ベンチマーク速報 - PC Watch
Maxwellアーキテクチャ採用の新ハイエンドGPU、GTX 980のパフォーマンスを競合製品となるR9 290Xと比較した。今回実施したベンチマークテストでは、終始R9 290Xより優位な結果を記録し、それを100W近く低い消費電力で実現しているのだから驚きだ。
ASCII.jp:「GeForce GTX 980/970」が誇る究極の性能とワットパフォーマンス (1/6)|最新パーツ性能チェック
そして何よりDSRやMFAAといった新機能、今回は解説を見送ったがOcculus RiftのようなVRヘッドマウントディスプレー使用時の描画遅延を減らす技術も盛り込むなど、GTX970/980はこれまでになく新規要素が盛りだくさん。ゲームを最高の環境で楽しみたい人なら、迷わず欲しくなるGPUだ。
【レビュー】第2世代Maxwellベースの「GeForce GTX 980」を試す - 新旧ハイエンドとの比較で実力を探る (1) Maxwell世代でもハイエンド製品が登場 | マイナビニュース
Fermi世代のみならず、Kepler世代、特にGeForce GTX 600シリーズを使っているユーザーにとっても有力なリプレース候補といっていいだろう。
GPUニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 14:10 | TrackBack(0) | GPUニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405671223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。