ハイエンドゲーミングマザー「CROSSBLADE RANGER」がASUSから2014年9月19日発売

CROSSBLADE RANGER

ASUSから2014年9月19日発売のAMD A88X搭載R.O.G.シリーズATXゲーミングマザーボード「 CROSSBLADE RANGER 」が販売開始です。販売開始価格は21,600円前後

R.O.G.初のSocket FM2+マザー「CROSSBLADE RANGER」が発売 - AKIBA PC Hotline!
ASUS R.O.G.シリーズのAMD CPU対応マザーボードについては、Socket AM3+プラットフォームの「CROSSHAIR V FORMULA-Z」などが発売済みだが、Socket FM2+プラットフォームは初めて。
 CROSSBLADE RANGERでは、高品質コンデンサなどを用いた電源回路「Extreme Engine Digi+ III」や、低遅延を謳うゲーム向けGigabit Ethernet「GameFirst III」、EMI対策などがなされたサウンド「SupremeFX 2014」などが搭載。
 また、キーボードマクロ機能の「KeyBot」や、フロントサウンド端子のオーディオプロファイルが4タイプに切り替えられる基板上のボタン「Sonic SoundStage」なども備えている。
 拡張カードスロットはPCIe x16×3(1基は常時x4モードで動作)、PCIe x1×2、PCI×2。メモリスロットはDDR3 DIMM×4(最大64GB)。
 主な搭載機能・インターフェイスはHDMI、DVI-D、VGA、Gigabit Ethernet(Intel I211-AT)、6Gbps SATA(8ポート)、RAID 0/1/5/10、USB 3.0、8チャンネルサウンド。

低価格が多い中で2万円超えのハイエンドクラス。SSDをリフレッシュできるROG SSD Secure Eraseは魅力的。A88Xマザーにはなかった製品。

マザーボード - CROSSBLADE RANGER - ASUS

ベンチマーク・レビュー

R.O.G.ブランドのA88X搭載マザー「CROSSBLADE RANGER」をテスト - AKIBA PC Hotline!
Socket FM2+で本格的にオーバークロックを楽しみたいユーザーにとって、唯一無二の選択肢とも言えるCROSSBLADE RANGER。我こそはという方はぜひ、CROSSBLADE RANGERでKaveriの限界にチャレンジしましょう。
マザーボードの最 新 記 事
posted by さすけ at 21:38 | TrackBack(0) | マザーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。