DisplayPortを介して4K出力に対応したUSB Type-C。VESAが発表

DisplayPort to USB Type-C

VESAは新しいUSB Type-Cコネクタを使ってDisplayPortの映像出力を可能にする”Alternate Mode”規格を発表した。
USB Type-Cは表裏が無く差し込む向きを気にしなくても良いコネクタとして期待されていたが、更なるオプションが追加された。

USBの新コネクタ「USB Type-C」がDisplayPortの映像出力に対応 | マイナビニュース
DisplayPort Alt ModeはUSB Type-Cの柔軟性を活かし、4つあるSuperSpeed USBのレーンの一部または全てを使って、DisplayPortのA/V信号、AUXチャンネル、HPD(Hot Plug Detection)機能を実現する。残るレーンで、同時にSuperSpeed USBデータの使用が可能。

将来的には5K出力をしながらUSB 2.0のデータ伝送が可能になるが、当初は4K出力に対応したDisplayPort 1.2a対応になる可能性が高い。 対応アダプターを使えばHDMI/DVI/VGAディスプレイにも出力ができて、USB端子さえあれば映像出力が可能になりそう。

関連リンク

VESAR Brings DisplayPort? to New USB Type-C Connector | VESA
新型、USB Type-Cコネクタは表裏が無く差し込む向きを気にしなくてすむ。充電機能も拡張
USB3.0 の拡張規格として USB3.1 仕様を策定。転送速度は理論値で 10Gbps
タグ:VESA USB Type-C
PCパーツニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 09:44 | TrackBack(0) | PCパーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405928869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。