USB3.1 の製品は早ければ2015年第1四半期に登場。コードの1本化も可能に

USB 3.1規格

理論値 10Gbps の転送速度を実現する USB3.1 の製品は早ければ2015年第1四半期に登場するようです。 2015年に登場するほとんどのPCはUSB3.1のTYPE-Cコネクタを採用するようです。

引用: Shipments of USB 3.1 peripherals and chips to take off in 1H15

記事によると、台湾のICメーカーによると2015年に登場するWindows搭載PCや次世代macbookにはUSB3.1が採用されるようです。 これによってUSB3.1の周辺機器用のチップの需要も増しているという事です。

Genesys Logic、Alcor Micro、ASMedia 等のUSBチップサプライヤーから登場するUSB3.1の周辺機器は2015年第2四半期に発売されるとも伝えています。

USB3.1のTYPE-Cコネクタはワイヤレス化に向かうデータ伝送において今非常に期待されている。
10Gbpsの転送速度や、これまでストレスだった表裏対称でないコネクタ形状が改善されているからだ。 USBによる電力供給や映像出力と言ったコードの1本化も可能にする補助的機能も強化されているのもありがたい。

そういった機能がどのように製品として実現化されるのか、USB3.1対応商品の登場が待ち遠しい。

スマホの充電ケーブルも早くコネクタ形状を改善して欲しい。暗闇で充電する時良く差し間違えるww

タグ:USB3.1
PCパーツニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 15:54 | TrackBack(0) | PCパーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。