CES2015で最終進化形「USB3.1 Type-C」搭載の製品が続々展示。次期MacBook Airにも

USB 3.1規格

CES2015でUSB3.1 Type-C搭載の製品が続々展示されています。 USB3.1 の製品は早ければ2015年第1四半期に登場予定です。

USB3.1 Type-Cとは

USB3.1 Type-CはUSB3.0を進化させたモデルでコネクタ形状がこれまでの上下非対称の形からどちらにも挿せるように同じ形状になったモデルです。

USBのコネクタ形状

USBのコネクタ形状にはType-A・Type-Bがあり、そしてType-Cが登場しました。さらにはスマートフォンなどで使われる小型のmicroUSBがあります。

  • Type-A・・一番主流でPCなどで使われています。
  • Type-B・・プリンタに主に使われています。
  • Type-C・・上下形の変わらない形状とハイスピードな新たな規格。
  • microUSB・スマートフォンで使われている。薄型なので躯体を薄くできるメリット

USB3.1 Type-Cは何が違うのか?

搭載製品はマザーボードからUSB変換コネクタ、12インチMacBook Airにも搭載されるのではないかと言われています。

PQIのUSB変換コネクタ

引用: USB 3.1 Type-C Storage Solutions Now Available from PQIExclusive Technology Ushers in a New Mobile Era of High-Speed, Lightweight and Multiprotocol Support - PQI Group

PQIからUSB3.1 Type-CコネクタからUSB2.0コネクタに変換する3製品が発売されます。 これまで所有してきたカードリーダーやUSBメモリをUSB3.1コネクタで使用することができます。

PQIのUSB変換コネクタ

MSIからマザーボード

MSIからは「MSI Z97A Gaming 6」と「Z79S SLI PLUS」をベースにした未発表モデルです。どちらも発売時期や価格は未定。
どちらも従来のUSB3.0コネクタも搭載しており互換性は高い。

引用: MSI Z97A Gaming 6 forst med USB 3.1 Type-C - Moderkort - SweClockers.com
引用: 【イベントレポート】MSI、USB 3.1対応マザーボードやHaswell-E対応マザーボードを展示 〜SATA Express対応WD製SSD/HDDデュアルドライブも - PC Watch

12インチMacBook Airにも搭載

引用: Appleの次の主要なMacが明らかにした:根本的に新しい12インチのMacBook Air | 9to5Mac
MacBook Air

次期MacBook AirにもUSB 3.1 Type-Cの搭載が予想されています。
USB 3.1 Type-Cは転送速度の高速化などからThunderboltやDisplayPortの代わりに映像出力することが可能で、これら端子の1本化 が可能となりそうです。

まとめ

使いやすさや形状から最終進化形といえるUSB 3.1 Type-C。今後さらなる周辺機器の登場が楽しみ。

PCパーツニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 12:26 | TrackBack(0) | PCパーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。