低い消費電力と高いOC耐性でライバルは不在なミドルレンジGPU「GeForce GTX 960」を発表

GeForce

NVIDIAは2015年1月22日、ミドルレンジGPUの「GeForce GTX 960」を発表し、当時に発売が開始された。
GeForce GTX 960はGeForce GTX 760や660の買い替えモデルとして期待されている。日本での価格は20,000円後半〜となりそうです。

GM206コアを採用したGTX 960

GeForce GTX 960は28nmプロセス技術で製造されたGM206コアを採用、第2世代Maxwellアーキテクチャの中では980/970の下位に位置する。 CUDAコア数は1,024基でGTX 760の1,152基よりも少なっているが、メモリ圧縮エンジン「Delat Color Compression」の効果などで消費電力は減少させながら、性能は向上し ワットあたりのパフォーマンスはGTX 660と比較して2倍となっている。

低い消費電力と高いOC耐性

前述したとおり第2世代Maxwell世代になったことで消費電力は大幅に削減されている。 TDPは120Wとなり外部補助電源は6pin×1となっている。 ミドルレンジGPUを使用したいPCでは6pin×1と6pin×2ではかなりの違いがある。

GeForce GTX 960ではCUDAコア数が減った分をメモリ伝送の圧縮とクロックアップで補っている所があり、各メーカーから発売されるGPUはリファレンスの1,126MHzからオーバークロックした形で発売される。
またさらなるオーバークロックのためのマージンもあるようです。※これ以上は自己責任で

準ファンレスを推奨

NVIDIAはGTX 960では低負荷なゲームにおいての消費電力が低い事から低負荷時にはファン回転の止まる準ファンレスを推奨し、各メーカーにもデータを提供しているようで、今後は低負荷時にはファン回転の止まる準ファンレスGPUが登場するようです。

ライバルは不在

低消費電力で高い性能を示しているGTX 960 には今の所ライバルのAMDから対抗出来る製品が存在しない。 ターゲットとされるのは過去のNVIDIA製品(760や660)の買い替えやRadeon R9 285から買い替えると消費電力の低下を実現できると思います。

H.265デコーダや4k対応なんかも言われていますが、レビューを見るとそれほど大きな効果は無いようです。 それでも最大4(3+1)画面出力や2560×1440ドット/144Hzでのマルチディスプレイ出力などが行える魅力はあります。

レビュー

各レビューでもフルHD前提での660以前のミドルレンジGPUからの買い替えということ。 円安の影響で価格も当分は高めなので人気が出るのはもう少し先かもしれない。

それでも低負荷PCゲームにおいてファン停止状態でゲームができるのは魅力に感じます

引用: 【レビュー】新ミドルレンジ「GeForce GTX 960」の性能をチェック - PC Watch
性能面でGeForce GTX 760から大きく進化したとは言えない結果となったが、一世代前のミドルハイGPUをおおむね上回る性能を発揮しつつ、Maxwellアーキテクチャらしい省電力性を示した点は評価できる。
DirectX 12やHDMI 2.0など、新しい機能をサポートしていることも含めて考えれば、199ドルクラスのGPUとしては、一歩抜きんでた存在と言えるだろう。
国内では2万円台後半からと、ミドルレンジとしてはやや値が張るが、フルHDまでの解像度でPCでゲームを楽しみたユーザーにとって、コストパフォーマンスに優れた選択肢となりそうだ。
引用: 「GeForce GTX 960」レビュー。第2世代Maxwell初のミドルクラスGPUは,得手不得手のはっきりした低消費電力モデルだ - 4Gamer.net
難しいのは,GTX 760でも,フルHD解像度が前提であれば,性能面で不足はないということだ。
その意味において,NVIDIAが「GTX 660か,それ以前の世代のGPUからの乗り換えに向く」というのは,嘘でも誇張でもないということになる。
あくまでも2012年かそれ以前のGPUを持っている人向けと理解しておくと,GTX 960というGPUの価値は理解しやすいように思う。
GPUニュースの最 新 記 事
posted by さすけ at 14:15 | TrackBack(0) | GPUニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。