1. トップ
  2. Haswell-E

Haswell-E

エンコードやCGレンダリング最強!8コア16スレッドのCPU「Core i7 5960X Extreme Edition」9月2日発売

Intelから2014年9月2日発売のハイエンド向けデスクトップCPU”Haswell-E”の最上位モデル「Core i7 5960X Extreme Edition」が販売開始です。販売開始価格は116,000円前後”Haswell-E”の最上位モデルCore i7 5960X Extreme Editionは”Haswell-E”の最上位モデル。Haswell-EはIvy Bridge-Eの後継モデルです。8コア16スレッドのCPUで、定格コアクロック3.00GHzで、Turbo Boost..

続きを読む

アークからHaswell-E Core i7採用ゲーミングBTO発売

アークからHaswell-E Core i7採用ゲーミングBTO「CROYDON」シリーズと「GOUGER」シリーズ、「BRIGHTON」シリーズ、3シリーズ計4モデルが発売された。2014年7月14日より受注が開始され、基本構成売価は166,720円(税込)〜456,400円(税込)。 アークからHaswell-E搭載ゲームPC計6製品。台数限定の即納モデルも - 4Gamer.net ■製品特長・インテル Haswell-E Core i7 CPUを採用8コア/16スレッド、6コア/12ス..

続きを読む

Intelのハイエンド向けデスクトップCPU”Haswell-E”発売

Intelのハイエンド向けデスクトップCPUである”Haswell-E”Core i7-5000番台が発売されました。Haswell-EはIvy Bridge-Eの後継モデルです。デスクトップPC向けでは初めての8コア16スレッドCPU今回発売されたのは8コア16スレッドの「Core i7-5960X Extreme Edition」と、6コア12スレッドの「Core i7 5930K」「Core i7 5820K」の計3製品。DDR4メモリをサポートHaswell-E世代になって変わったのは環..

続きを読む

8月30日午前1時解禁!Haswell-EとIntel X99の価格とラインナップが判明

Intelのハイエンド向けデスクトップCPUである”Haswell-E”の発売日が2014年8月30日午前1時にほぼ確定したようです。Haswell-EとIntel X99チップセット搭載マザーボードが同時に発売されます。”Haswell-E”CPU”Haswell-E”の価格も判明 エルミタージュ秋葉原 ? 「Core i7-5820Kはいらないかも」(8/23) ・・・某ショップ店員談 発売されるモデルと予価は「Core i7-5820K」が約47,500円前後、「Core i7-5930..

続きを読む

「Haswell-E」の発売日が2014年9月14日とリーク

Intelのハイエンド向けデスクトップCPUである「Haswell-E」の発売日が2014年9月14日に決定したと中華サイトが伝えています。情報によるとHaswell-EとIntel X99チップセット搭載マザーボードが同時に登場するようです。Haswell-Eになって大きな変化としてDDR4メモリに変わること、ソケットは同じLGA2011なのですが下位互換が無いことです。これはユーザーがHaswell-Eを利用したい場合かなりの投資を必要とするといえます。「Haswell-E」CPU「Hasw..

続きを読む

”Haswell-E”のエンジニアリングサンプルの写真がVR-zoneで公開。型番はCore i7-5960XやCore i7-5930Kなど

Intelから2014年第3四半期(Q3)に発売が予定されているハイエンドCPU”Haswell-E”のエンジニアリングサンプルの写真がVR-zoneで公開されている。CPUには「Intel Confidential QUYZ ES 3.00GHz USA」の刻印が見られます。このHaswell-Eは8コア3.00GHzと思われます。”Haswell-E”は6コアと8コアがあり、22nmプロセスでHaswellアーキテクチャをもとに製造される。倍率ロックフリーの製品は発売時2種類存在し、一つは末..

続きを読む

IntelはIDF2013にてHaswell-EとDDR4メモリのデモンストレーション展示

IntelはIDF2013にてHaswell-Eプラットフォームを用いてDDR4メモリのデモンストレーションを行った。詳細なシステムはわかりませんが、2014年後半に登場する予定のHaswell-EプロセッサとX99チップセットにDDR4メモリを4枚差しで搭載しています。Haswell-Eプロセッサは8コアまたは6コア、ソケットはLGA2011-3です。またDDR4メモリは最低でも2133MHzからとなります。DDR4メモリはすでにsamsung、A-DATA、G.Skillなどが製品を開発して..

続きを読む

Intelは「Haswell-E」で初めて8コアCPUを登場。DDR4メモリもサポート。

Intelは、ハイエンド向けデスクトップCPUである「Haswell-E」で初めて8コアCPUを登場させるようです。2013年登場予定の「Ivy Bridge-E」までは6コアです。「Haswell-E」は2014年下半期の発売を予定しています。「Haswell-E」は製造プロセス22nmとなり、LGA2011-3に対応しますが「Ivy Bridge-E」までのLGA2011とは互換性が無いようなので注意が必要です。コア数は8ないし6となり、HyperThreadind technologyによ..

続きを読む

≪前へ  次へ≫
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。